くらし情報『40〜50代は高齢者より進行が早い『白内障』、医師に聞く正しい予防法と“最新事情”』

2020年2月15日 12:00

40〜50代は高齢者より進行が早い『白内障』、医師に聞く正しい予防法と“最新事情”

ピントを合わせたい距離をあらかじめ決めて手術。ピントを合わせた距離以外は、メガネでピントを調整する。

多焦点レンズは近くと遠くなどいくつかの距離にピントが合う眼内レンズ。手術後はメガネがほとんど不要になる。

「40代、50代は完璧な老眼ではないので、単焦点レンズだと、いきなり老眼が進んだように感じることや、メガネをかける必要のない生活を維持したい、と多焦点レンズを選ぶ方が多いです」

多焦点レンズは、先進医療のため医療保険の先進特約に組み込まれていたが、4月から制度が変わるため実費(保険外)になり、片目で30万~60万円の費用がかかる。

単焦点レンズは従来どおりの保険適用で変わらない。

「白内障の手術を検討している、あるいは医師からすすめられていて、多焦点レンズにする場合は、3月中に行ったほうがいいと思います。先進特約保険の加入を確認することと、手術前には生活スタイルや仕事などについて、きちんと相談でき、信頼できる医師であることが大切です」

矢藤さんは、多焦点レンズも魅力だったが、高額になることや年齢的にいずれ老眼鏡を使うことを念頭に、保険適用の単焦点レンズを選択した。

手術から2年。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.