くらし情報『新型コロナウイルスと生きていく、覚えておきたい「衣食住」の新処方せん』

2020年2月19日 05:00

新型コロナウイルスと生きていく、覚えておきたい「衣食住」の新処方せん

新型コロナウイルスと生きていく、覚えておきたい「衣食住」の新処方せん
新型コロナウイルスと共存する、衣食住とは
「新型コロナウイルスのような死亡率が高くないウイルスは、広がりやすい。2009年に流行した新型インフルエンザも、免疫がある人が増え、すでに普通のインフルとなっています。新コロナもおそらくそうなりそうなので、“共存”していく覚悟が必要ですね」

そう解説するのは、感染症を専門にする東京・品川の「KARADA内科クリニック」の佐藤昭裕院長。

■コンタクトよりメガネ

神奈川県で80代の女性が国内で初めて亡くなり、各地のタクシー運転手の感染も確認され、中国・武漢発のウイルスによる肺炎の発症者は広がるばかり。“気温が上がる春には終息に向かう”ともいわれているけれど、それまでどう過ごせば?

手洗い、うがい、マスクは必要な商品の売り切れが続いているし、専門家の説明も微妙に違う。それ以外に注意したいポイントを、あらゆる面からアドバイスしてもらった。まずは、「衣」から。

「セーターのような頭からかぶるものは、着脱のときに付着したウイルスが顔や口に当たる可能性が。アウターや革製品の服はなかなか洗えないので、玄関干しにして乾かしたり、天日干しにするのがいいでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.