くらし情報『岡田有希子さん没後34年、芸能人でただひとり墓参りを続ける荻野目洋子との“友情”』

2020年2月24日 04:00

岡田有希子さん没後34年、芸能人でただひとり墓参りを続ける荻野目洋子との“友情”

岡田有希子さん没後34年、芸能人でただひとり墓参りを続ける荻野目洋子との“友情”
荻野目洋子
「見覚えのある人だと思ったら、荻野目さんだったので驚きました!ユッコのお墓参りにいらっしゃったのだと思います」(目撃した女性)

1月中旬、愛知県愛西市にある成満寺(じょうまんじ)に姿を現したのは歌手の荻野目洋子(51)。“ユッコ”とは、荻野目の同期で18歳という若さで亡くなったアイドル歌手の岡田有希子さんのこと。’86年に亡くなったあと、彼女はこのお寺に眠り続けている。

「その日は確かに、荻野目さんはいらっしゃっていました。数年に1回のペースですが、定期的に岡田さんのお墓参りに来ていただいております。今回は名古屋でライブがあったそうで、その合間に、お花を持って立ち寄られました」

そう話してくれたのは、成満寺の住職。荻野目といえば、数年前に再ブレイクしたことが記憶に新しい。

「自身最大のヒット曲『ダンシング・ヒーロー』に合わせて、大阪の『登美丘(とみおか)高校』ダンス部がバブル当時のファッションで踊った動画が話題に。『YouTube』でも5000万回以上の視聴回数を記録し、’17年末の『日本レコード大賞』ではダンス部の生徒たちと本人が共演して『特別賞』を受賞したんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.