くらし情報『東大大学院を中退しひきこもり、困窮生活に──男性を追い詰めた「普通」の価値観』

2020年2月22日 20:00

東大大学院を中退しひきこもり、困窮生活に──男性を追い詰めた「普通」の価値観

それと、風邪をひいたとき祖母の部屋で寝転がってテレビを見ていたら、急に気持ちが悪くなって吐いたことがあるんです。母は祖母の掛け布団を汚したことに激怒していた。いま思えば、祖母、つまり姑に気を遣っていたんでしょうけど、子どもにとっては驚きと恐怖以外ありませんでした」

■東大以外は行きたくない!

普通の子が知っているドッジボールのルールやファミコンのことも彼は知らなかった。両親は同世代の子たちが何をして遊んでいるのかを知らなかったのだろう。与えられたのは子ども向けの本全般。中でも彼は図鑑にのめり込んだ。そのへんに生えている草花の名前をほとんど知っていたりした。

「どうやらウチは変わっているようだ。なにか偏っている。自分はおかしいと小学校に入った瞬間、感じました。だから僕自身は、過剰に“普通”に合わせようとしていた。小学校から高校まで、周りの興味や価値観に自分を合わせることに必死だった気がします」

そのことでいじめられたりはしなかった。おそらく彼がうまく適応していたからだ。ただ、そのぶん、心に負担はかかっていたのではないだろうか。

「進学先を決めるとき、金子家から離れたいと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.