くらし情報『宮沢氷魚がプレッシャーに感じる、35年前の渡辺謙に感じた「王の空気」』

2020年2月24日 11:00

宮沢氷魚がプレッシャーに感じる、35年前の渡辺謙に感じた「王の空気」

宮沢氷魚がプレッシャーに感じる、35年前の渡辺謙に感じた「王の空気」
宮沢氷魚撮影/山田智絵
昨年、ドラマ『偽装不倫』でヒロインが恋におちるミステリアスなカメラマンを演じて人気急上昇。いま最も注目されている若手俳優・宮沢氷魚(25)さんが、新生・PARCO劇場のオープニング・シリーズ第1弾『ピサロ』に出演する。本作ではピサロを演じる主演の渡辺謙が、35年前に演じたインカ王アタワルパ役に挑戦することでも注目だ。

■過去の再現ではなく、新しいものを

「渡辺謙さんが25歳のときに演じて大成功された舞台ですし、正直に言うとプレッシャーしかないです。当時の舞台のパンフレットの写真を見たら、“このとき本当に僕と同じ25なんですか?”と思うくらいの威圧感というか、醸し出している絶対的王の空気がすごくて。

でも、自分は謙さんとは違うタイプの役者だと思いますし、負けないようにしなければというプレッシャーではなく、僕なりに新しいアタワルパを作り上げなければというプレッシャーが大きいかもしれません。

謙さんも“35年前のものを再現するのではなく、新しいものを作ろう”と言ってくださいましたし、いろいろ伺ってヒントを得つつも、自分で考えて演じたいと思います」

『ピサロ』は、トニー賞最優秀作品賞ほか多くの演劇賞を受賞している英国の劇作家、ピーター・シェーファーの壮大な歴史劇。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.