くらし情報『『麒麟がくる』で話題の明智光秀、本能寺の変に黒幕がいた!? 東大教授が真相を追求』

2020年2月23日 12:00

『麒麟がくる』で話題の明智光秀、本能寺の変に黒幕がいた!? 東大教授が真相を追求

『麒麟がくる』で話題の明智光秀、本能寺の変に黒幕がいた!? 東大教授が真相を追求
明智光秀の肖像画
本能寺の変にて主君・織田信長を討ったことで有名な明智光秀。軍事、政治、外交などすべて万能にこなす逸材であったとはいわれているものの、謎が多く、現在伝わっているエピソードは眉唾ものも多いとか……。

気鋭の識者に、バッチリ解説していただきました!これを読めば、『麒麟がくる』のクライマックスがますます待ち遠しくなること間違いなし!解説は、東京大学史料編纂所教授の本郷和人さんです。

■“容姿がいい”という感覚は存在せず

【1】イケメンだったって本当?

写実的ではない可能性があるにせよ、肖像画を見るとイケメンですね。穏やかそうで、粗暴な人相ではない。ただし、「明智光秀がイケメンだった」という証拠なる文書は存在しません。

これは光秀に限った話ではなく、当時は頭がいい、勇ましいといった評価はありましたが、容姿がいいという感覚は存在しなかったのです。そういった記述が目立つようになるのは、戦乱の世が平定した以降です。

出雲阿国の相手役であり歌舞伎の祖とも言われる名古屋山三郎という武士が、その元祖とも言われ“伝説的美青年”と謳(うた)われています。芸能が発達していく過程で、観衆も成立していきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.