くらし情報『<立教女学院合格>タワマンママの断捨離術! 無駄に煽る大手教室にママ友の誤情報』

2020年2月28日 20:40

<立教女学院合格>タワマンママの断捨離術! 無駄に煽る大手教室にママ友の誤情報

そこは茶道の授業もあったりと教育内容もしっかりしていて、制服もあるので私服に悩むこともなく、給食とお弁当が半分半分というのも魅力的で、第一志望にしていたので入園することができてホッとしました」

――実際に入園されてみていかがでしたか?

「入園すると、話題は小学校受験の話になりました。娘は“毎日幼稚園の砂場で遊んだり、かけっこしてるだけで楽しい!”と言っているような状態でしたので、小学校受験に気持ちを切り替えることは積極的にできなかったのですが、とりあえず大手幼児教室に入会しました。

その後、お教室で知り合った男の子のお母様のご好意で、個人の先生をご紹介いただけたのですが、その先生とお話をすることで、お教室や幼稚園のママさんたちの情報が如何にいい加減なものだったかを知ることになり……」

――どういうことでしょうか?

「たとえばお教室では、“幼稚舎の試験は、運動や絵画が中心なので、ペーパーができなくても可能性がある”“学習院は関係者はもちろん強いが、できれば必ず受かります”などと言われ、あおるように各小学校の試験内容に合わせたさまざまな授業を取らせられるんです。

あるいは、聖心や白百合には一定の幼稚園とキリスト教信者が強いと言われ、信者になった人もいるほどです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.