くらし情報『北野武、新作映画クランクインで持ち上がった「新井浩文を起用案」の舞台裏』

2020年2月26日 17:00

北野武、新作映画クランクインで持ち上がった「新井浩文を起用案」の舞台裏

北野武、新作映画クランクインで持ち上がった「新井浩文を起用案」の舞台裏
北野武
自身が立ち上げた芸能事務所『オフィス北野』を’18年に退社して新事務所を設立。昨年の6月には長年連れ添った妻と離婚。そして今年2月8日に突然の再婚発表と、なにかとお騒がせが続く北野武。

そんな彼が新作映画の撮影に向けて動きだしたという。

「新作映画は、たけしさんが昨年12月20日に発表した書き下ろし小説『首』の実写化です。織田信長などが活躍した戦国時代を曾呂利新左衛門という噺家がコミカルな視線で語るというストーリー。来春の公開を目指して間もなくクランクインするそうです」(スポーツ紙記者)

北野は’89年に『その男、凶暴につき』で映画監督デビュー。圧倒的なセンスで続々と作品を世に送り出し、“世界のキタノ”と称された。

「たけしさんの映画というとヤクザたちの抗争を描いた『アウトレイジ』シリーズが有名ですが、それはヤクザ映画ファンが一定数おり収益が見込めるからであって、ある意味“会社のため”でした。

実際、’99年には『菊次郎の夏』といった心温まる作品を。’07年には『監督・ばんざい!』といったコメディー映画も撮っています。最新作は戦国時代のバイオレンスとコメディーが合わさった本来のたけしさんらしい作品になりますよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.