くらし情報『野村克也さん、義理の息子・団野村がツイッターに“遺体”を投稿! 炎上し批判殺到』

2020年2月24日 18:30

野村克也さん、義理の息子・団野村がツイッターに“遺体”を投稿! 炎上し批判殺到

野村克也さん、義理の息子・団野村がツイッターに“遺体”を投稿! 炎上し批判殺到
野村克也さん(享年84歳)
虚血性心不全で2月11日に死去した野村克也さん(享年84歳)の告別式が16日に行われた。同日、義理の息子でスポーツエージェントの団野村氏が棺の中で眠る野村さんの写真をツイッターに投稿して、賛否の声が上がっている。

《日本人の感性で言えばありえない。ノムさんに失礼》

批判が殺到する一方で、

《最後の姿を見られて幸せ》

と、告別式に参加できなかったファンからは感謝の声も。

遺体写真の投稿は『2・8万いいね』されるなど、多くの人に拡散されているが、そもそも遺体を撮影するのは、一般的にマナー違反にあたるのだろうか?葬儀など供養に関するサービスサイト『いい葬儀』では、撮影自体はマナー違反でないと紹介されている。

■遺体の撮影OK?NG?

《一部地域では葬儀は日ごろ会えない親戚が一堂に会する場ということもあり、祭壇の前で集合写真を撮るという習わしがあるところも。葬儀での写真撮影は地域の習慣や、遺族の考え方に基づいた行為。

了解も得ず、無断で写真に収めることは、マナーに反します。また親族だからといって、勝手に故人の姿を撮影してよいわけではありません》

親族であり遺族に許可を取っている今回のケースは、撮影だけなら問題ないと言えそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.