くらし情報『『サンセット大通り』平方元基が演じる、“利害というより共倒れ”の恋』

2020年3月2日 11:00

『サンセット大通り』平方元基が演じる、“利害というより共倒れ”の恋

『サンセット大通り』平方元基が演じる、“利害というより共倒れ”の恋
平方元基撮影/矢島泰輔
「よくインタビューなどで“ターニング・ポイントは?”って聞かれるんですけど、僕の答えは『サンセット大通り』。“いつかもう1度やりたい”という願いがやっと叶います」

ミュージカルを中心に活躍する平方元基(34)さんが『サンセット大通り』でジョー役を演じたのは、5年前のこと。野心に燃える脚本家のジョーと、ハリウッドで忘れ去られた往年の大女優ノーマはいずれもWキャストだったが、組み合わせは固定。平方さんの相手役は常に安蘭けいさんだった。しかし再々演の今回は組み合わせが代わり、平方さんは濱田めぐみさんと組むことになる。

■「ノーマを演じているとう子さんを見ていた」

「複雑というか、寂しい気持ちはありますよ。とう子さん(安蘭さんの愛称)と一緒に作り上げたという自負がありますからね。前回の稽古は一筋縄ではいかなくて、忘れられない時間です。

ジョーが翻弄されていくのと自分の混乱が重なって、自分が何をやっているのかわからなくなってしまった。ほぼ出ずっぱりだったこともあって、役のフラストレーションと、自分のフラストレーションと、それでも『やってやるぞ』という気持ちがリンクしたような感じだったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.