くらし情報『『サンセット大通り』平方元基が演じる、“利害というより共倒れ”の恋』

2020年3月2日 11:00

『サンセット大通り』平方元基が演じる、“利害というより共倒れ”の恋

悩んであがいた結果、これまでにないノーマ&ジョーの関係性が生まれていた。

「ジョーというのは、夢や野心をすごく持っている男。その夢や野望に敗れ、こじらせたジョーは、ノーマに嫌気がさして出ていきます。なのに彼女が手首を切ったと知って戻ってきてしまう。

それはなぜかと考えたとき、僕は憐れみとか同情だけだとは思えなかった。『ノーマが愛おしい』という気持ちがなければ成り立たないと思ったんです。ノーマを見ているようで、ノーマを演じているとう子さんを見ていた部分もあって、すごくラブストーリーの色が濃くなったと思う。

利害関係というより共倒れみたいな(笑)。ふたりの関係性は、これまでに上演されたどのバージョンにもなかったんじゃないかな。そう思えた作品だったし、やり残したことがあるような気もしたから、またやりたかった。めぐさん(濱田さん)が相手になったら今度はどう感じるのか、それも楽しみです」

■「やさしいだけの男はつまらない」

平方さんが俳優への道を進んだのは、自ら抱いた夢というわけではなく、なりゆきだったという。「僕は小さいころパイロットになるのが夢だったんです。でも親に『元くんはお腹が弱いから無理よ』と言われて、それからは夢がなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.