くらし情報『中居正広「SMAP再結成は0%ではない」を信用させてくれる、23年前の言葉』

2020年2月26日 16:00

中居正広「SMAP再結成は0%ではない」を信用させてくれる、23年前の言葉

《(SMAPとして活動した)28年っていうのは全然あっという間だったと思わないですし、僕は性格的なものなのかなんなのか……前ばっかり向けるタイプじゃなくてね。ちゃんと自分がどこで脱線したのか、どこで立ち止まったのか、そういうのを確かめながら、僕は進みたいタイプなんでしょうね》(ニッポン放送『中居正広のSome girl’ SMAP』2016年12月31日)

実際、この発言から約半年後の2017年6月に、稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人はジャニーズ事務所からの退所を発表。しかし中居は、結果として行動をともにはせず、ジャニーズ事務所との契約更新を選んでいる。

3人と中居の退所タイミングに見られる数年単位のタイムラグはそのまま、中居が前に進んでいくために必要と感じた「人生の振り返りと確かめ」の時間だったのだろう。しかしその中で、中居は改めて自身が失い、ずっと取り戻せずにいるものを痛感していくことにもなる。解散騒動が起こる直前の2015年秋、中居はこんなことも話していた。《もしそのありがたさをホントに実感するときが来るとしたら、それはきっとグループがなくなったときだよね。水の流れが止まったときに水のありがたみが分かるように、SMAPの偉大さみたいなものは、メンバーと別れたときに感じるんじゃないかな》(『ザ テレビジョン』2015年9月12日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.