くらし情報『柄本佑、佐々木蔵之介、長谷川博己ら“イケメン”にみる、ブレイクまでの共通点』

2020年2月28日 16:00

柄本佑、佐々木蔵之介、長谷川博己ら“イケメン”にみる、ブレイクまでの共通点

柄本佑、佐々木蔵之介、長谷川博己ら“イケメン”にみる、ブレイクまでの共通点
(写真左から)長谷川博己、柄本佑、佐々木蔵之介
ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)で、吉高由里子演じる主人公・真壁ケイトの元カレで動物カメラマン・尾高由一郎役を好演する柄本佑の男の色気に、女性たちの胸キュンが止まらない。

SNSでも「尾高さんは中身がカッコいい」「イケメンはルックスじゃなくて、性格とか人間性だよね」「尾高さん、これ反則でしょ」「これがホントの男前」と、回を重ねるごとに尾高=柄本ファンが急増している。

■柄本佑やムロツヨシを輝かせた“大石マジック”

柄本は今年1〜2月にNHKで放送された主演ドラマ『心の傷を癒すということ』では、実直な精神科医を演じている。また、今年だけで『Red』(2月21日公開)、『一度も撃ってません』(4月24日公開)、『痛くない死に方』(今夏公開)と3本の映画にも出演し、4月からは舞台『もうがまんできない』も控えている。

「ここ数年間だけでも、映画、ドラマ関係者の間で彼は引っ張りだこです。“佑が出るだけでヒットするのは間違いない”と言われるほどで、演出家たちにも、もっともキャスティングしたい役者だとささやかれています」(映画関係者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.