くらし情報『滝川英治「俳優引退」を決意、脊髄損傷から2年半かけて見つけた“新しい道”』

2020年3月8日 10:00

滝川英治「俳優引退」を決意、脊髄損傷から2年半かけて見つけた“新しい道”

ドラマ撮影中に自転車から落ち、脊髄損傷を負った俳優・滝川英治さん。懸命にリハビリに励み、パラスポーツ番組のMCで仕事復帰を果たした。大切な家族との別れなど、多くの困難を乗り越えてきた彼が今、新たに目指す未来へ、大きな決断をして一歩ずつ進み始めた。

滝川英治「俳優引退」を決意、脊髄損傷から2年半かけて見つけた“新しい道”
俳優・MC滝川英治さん撮影/伊藤和幸
「実は、俳優を引退しようと思っています」

落ち着いた声が、部屋に響いた─。

俳優・滝川英治さん(40)は、自宅の医療用ベッドの上で、静かに微笑んでいた。

「そろそろ潮時かな……と。もう1度、最高の舞台に立ち、そして幕を引きたいと思っています」

その表情は明るく、悲愴さは感じられない。しかし、この結論に達するまでに、滝川さんは多くの苦難を何度も乗り越えてきている。

■大きく人生の方向を変えた出来事

2年前の夏まで、滝川さんはドラマや映画、舞台で活躍する俳優だった。身長186cm、体重79kgという恵まれた体格と抜群の運動神経で、ハードなアクションもこなす。端正なルックスと明るいキャラクターで、特に、漫画やアニメを原作とする「2・5次元舞台」では確固たるポジションを築いた。ミュージカル『テニスの王子様』、ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』、舞台『弱虫ペダル』など、数々の人気作品で存在感を放っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.