くらし情報『《新型コロナ》休校での自宅待機、親はどう対処すべき? 「部活命」の子こそ要注意!』

2020年3月3日 20:00

《新型コロナ》休校での自宅待機、親はどう対処すべき? 「部活命」の子こそ要注意!

《新型コロナ》休校での自宅待機、親はどう対処すべき? 「部活命」の子こそ要注意!
※写真はイメージ
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政府による突然の臨時休校の要請に各自治体、そして小中高の教育現場は大混乱。でも、いちばん戸惑うのは全国のママたち。ウイルス感染の不安もある中で、最大35日間にもなる自宅待機期間を子どもとどう乗り切ればいいのか……。尾木ママが「家庭ですべきこと」「してはいけないこと」を直球アドバイス!!

■(1)勉強:自宅学習で「新型コロナ研究」

教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹さんによれば、

「各小中学校、高校から“これで家庭学習をやってください”という指示と一緒に各教科の課題が出るはず。それを、家庭で、まずやりきること」

さらに、この空白期間を、より深い学びができるチャンスにもできるという。

「ちょうど4月から学習要綱が変わって“アクティブラーニング”が重要視されます。これは“主体的、対話的な学び”という意味。これを先取りしましょう。たくさん時間はあるわけですから(笑)、例えばひとつのテーマについて自分で深く調べてもらう、なんていう学びを子どもにさせてもいいんじゃないかしら?それこそコロナウイルスの研究をしたっていいの。“世界各国と日本の感染対策比較”という表を作ってみたり(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.