くらし情報『日本で育ち保育士・看護師目指してきたのに突然、在留資格失ったクルド人姉妹の絶望』

2020年3月6日 08:00

日本で育ち保育士・看護師目指してきたのに突然、在留資格失ったクルド人姉妹の絶望

日本で育ち保育士・看護師目指してきたのに突然、在留資格失ったクルド人姉妹の絶望
入管前で外国人の長期収容をやめるよう訴える人々
物心つくころに移住した日本から今、クルド人の姉妹は切り捨てられようとしている。迫害を逃れ、この国で育ち、言葉も文化も身につけて、将来を切り開いてきたのに──。政府推進のもと、外国人労働者を増やす一方で、難民一家が直面した「危機」とは!?

◆◆◆

■バットで頭を殴られ、資産も奪われ……

19歳と20歳の姉妹には夢がある。2022年春にそろって卒業し、それぞれが保育士と看護師として働くことだ。姉妹はトルコ出身のクルド人。’08年の来日以来、日本社会で暮らしてきた。

だが2年前、姉妹の家族は日本での在留資格を抹消された。その結果、姉妹に突きつけられたのは理不尽な将来だ。

現在、就労禁止の「仮放免者」として生きる姉妹は卒業しても就職ができない。最悪の場合、トルコへの「送還」や法務省入管庁の収容施設への「収容」もありうる。姉のロナヒさん(20=以下、名前はすべて仮名)は訴える。

「私は8歳から日本を土台として生きてきました。両親はほかの日本人と同じように税金も年金も払ってきました。なぜその生活が、外国人だというだけの理由で、奪われるのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.