くらし情報『25年間でサドル5800個を窃盗、「においの保存法」と倉庫にかけた「お値段」』

2020年3月10日 05:00

25年間でサドル5800個を窃盗、「においの保存法」と倉庫にかけた「お値段」

25年間でサドル5800個を窃盗、「においの保存法」と倉庫にかけた「お値段」
容疑者が大事に保管していたサドル。すべての被害品について捜査するのだろうか?写真/共同通信
「私が離婚して実家に戻ってきてから、弟とは18年も同居していましたが、まさか、こんなことをしていたとは、気づきませんでした。被害者には本当に申し訳ないことをしたと思っています。世間のみなさまにも恥ずかしくて顔向けできません」

そう肩を落とすのは、東大阪市で自転車のサドルを盗んだ疑いで逮捕された須田広昭容疑者の実の兄。

週刊女性が静岡県沼津市の兄弟が同居していた家を訪れると、苦しい胸の内を語ってくれた。

■月に10万円のサドル用倉庫

広昭容疑者は昨年の11月下旬、東大阪市内でサドル2個を盗んだとして、大阪府警河内警察署が今年2月13日に容疑者の自宅を捜索。

すると、別のサドル11個も発見され、事情を聞いたところ、自宅から約7キロ離れた貸し倉庫からも5800個ものサドルが見つかった。

「コンテナ式のトランクルームではなく、大きな倉庫内に2、3畳ごとに仕切りのある部屋を6つも借りていました。黒、白、茶色など色ごとに分けて、サドル1個ずつをポリ袋に詰めていたそうです。倉庫代だけで、月に10万円はかかっていたようです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.