くらし情報『佐藤浩市、“総理揶揄”で炎上のトラウマ消えず「エゴサーチ俳優」に』

2020年3月12日 16:00

佐藤浩市、“総理揶揄”で炎上のトラウマ消えず「エゴサーチ俳優」に

佐藤浩市、“総理揶揄”で炎上のトラウマ消えず「エゴサーチ俳優」に
佐藤浩市
震災に伴い発生した福島第一原発事故。この影響で、福島県ではピーク時に16万人以上が避難を余儀なくされた。

東日本大震災の発生から今年で9年を迎えるが、3月6日に福島第一原発での事故を描いた映画『Fukushima50』が公開された。

「放射能汚染による未曾有の大災害を食い止めようと苦闘した、現場作業員たちの姿を描いた社会派映画です。原子炉から最も近い中央制御室を指揮する当直長を佐藤浩市さんが演じ、原発の最高責任者である発電所所長を渡辺謙さんが演じています」(スポーツ紙記者)

事故の影響で、日本が壊滅的被害を受ける可能性があった瀬戸際の5日間を、佐藤と渡辺のW主演で再現。ほかにも火野正平や佐野史郎、吉岡里帆など、実力派と人気キャストが勢ぞろい。

佐藤は、映画の宣伝活動となるインタビュー取材を積極的に受けており、《原子力は本当に諸刃の剣なんですよね。何を肯定し何を否定するのか、簡単には測れない》と、今回の映画についても “熱き思い”を語っている。

■1年前の炎上が脳裏に焼き付いて……

しかし、こんな一面も。

「インタビュー時の雑談で、冗談まじりに“こういうこと言ったら炎上しちゃわないかな?”なんて、弱気なことを口にしているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.