くらし情報『トラウマ植え付けられた母と同居したらやはり暴言の日々、毒親介護の実態がエグい』

2020年3月11日 07:00

トラウマ植え付けられた母と同居したらやはり暴言の日々、毒親介護の実態がエグい

トラウマ植え付けられた母と同居したらやはり暴言の日々、毒親介護の実態がエグい
ただでさえ負担が大きい排泄ケアは、相手が毒親ともなれば一層つらさが増す※写真はイメージです
暴言や暴力、過干渉などで子どもを苦しめる「毒親」。そんな親が高齢になると、新たな問題が生じてくる。嫌いな親や自分を苦しめる親の介護に直面したら、どうすればいいのか。家族をめぐる問題に詳しいジャーナリスト・石川結貴さんが、著書『毒親介護』(文春新書)での取材をもとに、毒親に悩み苦しむ娘たちの声をレポートする。

◆◆◆

■「オマエなんか男の味も知らないくせに」

「私は母子家庭で育ち、給食費も払えないほど貧しい生活でした。母は仕事を掛け持ちしていましたが、次々に男をつくっては貢いでしまう。子どもの前で性行為をしたり、急にキレて激しい暴力をふるったり。そんな母には嫌悪感しかありませんでした」

静岡県に住む尚子さん(仮名=59)は重いため息をつきながら言う。歩行障害と心臓疾患を抱える母(84)は要介護2。独身の彼女は母を在宅介護しているが、10年前までは絶縁状態だった。

尚子さんは高校卒業後に実家を離れ、派遣社員として働いた。何度か恋愛もしたが結婚に踏み切れなかったのは、過去のトラウマのせい。母の愛人に身体を触られるなどした経験から「男性が怖い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.