くらし情報『萩原健一さんの急死から1年、親族も知らないお墓の所在と妻・冨田リカの消息』

2020年3月10日 21:00

萩原健一さんの急死から1年、親族も知らないお墓の所在と妻・冨田リカの消息

萩原健一さんの急死から1年、親族も知らないお墓の所在と妻・冨田リカの消息
バス停でタクシーを待つ萩原健一さん(’19年)
平成が終わろうとしていた約1年前、突然この世を去ったショーケン。

4度の逮捕と3回の離婚を本人は「ジェットコースターのような人生」と語っていたが、死後も大河ドラマ出演で存在感を見せつけるなど、日本の芸能界でその類まれな才能は異彩を放ち続ける。だが、そんな彼の不遇時代を支えていた親族は、最後の妻によって“隔離”されたままに──。

■妻・冨田リカとの出会い

萩原健一さん(享年68)が亡くなってからはや1年。名優の死を惜しむ声は今もやまないが、親族は困り果てているという。彼が葬られたお墓の場所がわからないというのだ……。

「萩原さんは『ザ・テンプターズ』のボーカリストとしてデビュー。日本テレビ系のドラマ『傷だらけの天使』の主演などで一躍スターになりましたが、私生活は波瀾万丈でした。逮捕歴と結婚歴がともに4回。’83年に大麻不法所持、’85年に暴行、’04年に業務上過失致傷罪、’05年に恐喝未遂容疑で逮捕されています。結婚は’75年にモデルの小泉一十三、’80年にいしだあゆみ、’96年にヘアメイクの女性、そして’11年の冨田リカさんが最後の妻となりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.