くらし情報『フィギュアスケート “ロシアの妖精” リプニツカヤ、引退から3年「わたしの夢」』

2020年3月15日 13:00

フィギュアスケート “ロシアの妖精” リプニツカヤ、引退から3年「わたしの夢」

フィギュアスケート “ロシアの妖精” リプニツカヤ、引退から3年「わたしの夢」
ユリア・リプニツカヤ
「現役時代とは、まったく違う立場のコーチは、とても面白いですが、難しいと感じています」

こう語るのは、ソチ五輪フィギュアスケート団体金メダリストのユリア・リプニツカヤ(21)。

■「コーチ」としての難しさ

代名詞“キャンドル・スピン”に象徴される柔軟性と高いスケーティング技術で、世界を魅了した15歳の少女は、ケガの影響などもあって19歳で現役を引退。

その後は、フィギュアスケート養成機関『アカデミー・オブ・チャンピオンズ イリニフ-リプニツカヤ』を設立、指導者としてロシアをはじめ日本、ノルウェー、ルーマニア、メキシコなど世界各国を訪れて、教えている。

昨年に続いて、フィギュアスケート教室のために来日。東京、大阪で指導したほか、福島でチャリティーイベントを開催し、忙しい合間を縫ってインタビューに応じた。

選手時代との違いについては、こう語る。

「選手のときは、ジャンプやスピンといった技をひたすら練習して、コーチやトレーナーの指示を遂行することが大切でした。

教える立場というのは、技術を教えるだけでなく、いろんな選択肢を持っていなくてはいけない。そのうえで、技量のレベルや年齢といった違いなど、その人の状況によって、何が最適なのかを見極めて、指導することが重要だと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.