くらし情報『今井翼がタブー視されていた事務所移籍を一変させた理由と、退所ジャニへ残した希望』

2020年3月14日 21:30

今井翼がタブー視されていた事務所移籍を一変させた理由と、退所ジャニへ残した希望

今井翼がタブー視されていた事務所移籍を一変させた理由と、退所ジャニへ残した希望
今井翼(本人のインスタグラムより)
「元ジャニーズの今井翼が、4月1日付で松竹エンタテイメントに所属することが明らかになりました。スポーツ紙の扱いはさほど大きいものではありませんでしたが、業界内ではざわめきだっています。近いうちにJタレ“争奪戦”が起きるかもしれません」(芸能プロ関係者)

’95年に盟友・滝沢秀明とともにジャニーズ事務所に入所し、’02年に『タッキー&翼』としてデビューした今井翼。そんな彼が、13歳から23年間在籍したジャニーズを退社したのが’18年9月のことだった。

「持病のメニエール病により、活動休止状態が続いていた翼は“けじめ”をつけるように退社の道を選びました。一方で、“SMAP派”だった彼は、先輩の解散劇に納得がいかず不満を募らせていたとも言います。すべてが円満で退社、とは見えませんでしたね」(芸能レポーター)

■“タブー”に縛られなかった翼

ジャニーズを退社したタレントといえば近年、元KAT-TUNの赤西仁や田中聖、田口淳之介。元関ジャニ∞の渋谷すばるに錦戸亮、そして元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾らの名が浮かぶ。退社後はいずれも独立、個人事務所を設立して、テレビとは離れた独自の活動を続けている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.