くらし情報『崎山つばさ、話題の作品2作に出演「舞台がないと僕が僕じゃなくなる」』

2020年3月23日 11:00

崎山つばさ、話題の作品2作に出演「舞台がないと僕が僕じゃなくなる」

崎山つばさ、話題の作品2作に出演「舞台がないと僕が僕じゃなくなる」
「舞台は原点。そこがなくなってしまうと僕じゃなくなってしまう気がする」崎山つばさ撮影/伊藤和幸
ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『幽☆遊☆白書』など2・5次元の人気作品に出演。国宝級の美貌でも注目の俳優、崎山つばささん。今年もすでに2つの舞台出演が決定している。ドラマや映画の出演も増えている崎山さんにとって、舞台は原点だという。

「僕の根底には、やっぱり舞台があるんだなというのは、いろいろな仕事をしてみて、より感じてます。応援してくれる方々の反応を生で感じることができる舞台の存在は大きいです。そこがなくなってしまうと僕じゃなくなってしまう気がするので、大事にしていきたいですね」

■「 得意ではないけどコメディーは好きです」

5月上演の舞台『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』は、1月に放送された同タイトルのWOWOWオリジナルドラマとの連動企画。脚本は鈴木おさむで、舞台版は鈴木が演出も手がける。実在する火星移住計画に着想を得たシチュエーションコメディーだ。

ドラマ版では豪華キャストが演じる4人一組×6チーム、総勢24人のキャラクターが登場し、それぞれのユニークな火星での共同生活が描かれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.