くらし情報『東出昌大 謝罪会見後に向かった先は「実家」、母も強いられていた“避難生活”』

2020年3月18日 21:00

東出昌大 謝罪会見後に向かった先は「実家」、母も強いられていた“避難生活”

東出昌大  謝罪会見後に向かった先は「実家」、母も強いられていた“避難生活”
東出昌大
「この度は、お仕事の関係者のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした」

3月17日、都内で行われた映画『三島由紀夫VS東大全共闘50年目の真実』の公開直前イベント終了後に、囲み取材に応じた東出昌大。ときおり宙を仰ぎ、唇を噛み、言葉をつまらせながら心境を語った。

マスコミの前に出てきたのは、1月14日のテレビ朝日系ドラマ『ケイジとケンジ』完成披露試写会以来63日ぶり。会見がこの日になったことを「遅くなりました」と陳謝つつ、マイクを突き付ける多くの女性リポーターたちを前に「最も謝罪しなければならないのは、妻に対してだと思います。これ以上、妻を傷つけたくありません。お答えできることに限りがあると思います」と、深々と頭を下げた。

’18年公開の映画共演がキッカケで、若手女優・唐田えりかと不倫交際に発展。それを子育て中の妻・杏に見つかり、別居中であることが報じられていた。

「東出さんと桐谷健太さんのW主演ドラマがスタートしたばかりでした。当初、テレビ朝日はこのドラマをシリーズ化するためにそうとうな力を入れていました。番宣の時間を長くしたり、成功例である『相棒』に通ずる要素もたくさん取り入れて、人気ドラマに成長させるための準備は万全だったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.