くらし情報『手の痛みや指の変形を引き起こす“変形性関節症”、予防と改善に効く意外な成分とは』

2020年3月27日 16:00

手の痛みや指の変形を引き起こす“変形性関節症”、予防と改善に効く意外な成分とは

手の痛みや指の変形を引き起こす“変形性関節症”、予防と改善に効く意外な成分とは
※写真はイメージです
指が痛い、指先がしびれる、手がこわばる……。言うまでもなく、手に痛みがあると日常生活はとっても不便。整形外科へ行っても“使いすぎ” “加齢によるもの”と、ほとんど取り合ってもらえなかった人に朗報です。その痛み、もう諦めなくていいんです!

■手の代表的な疾患は主に6つ

朝起きると手がこわばる。指がカクカクして滑らかに動かない。親指の付け根が痛くてしびれる。指の第一関節が腫れて骨が圧迫されるように痛む──。整形外科を受診してみても“年のせい” “手の使いすぎ” “手をなるべく使わないように”と湿布を出されておしまい。えっ、こんなに痛いのにたったそれだけ!?

45歳以上の女性なら、思い当たる人が多いはず。65歳以上の女性は“私も昔はそうだった” “治らないと言われ、今では指が曲がってしまった”という人もいるだろう。

手の外科の専門医である平瀬雄一医師はこう話す。

「僕のところにくる患者さんの9割は女性です。7~8か所の病院を巡って“治らない”と言われ続けた人ばかり。僕が“治りますよ。20歳のころの指に戻すのは無理だけど、今よりもずっと使いやすく、痛くない指になりますよ”と説明すると、治療が始まる前から泣いてしまう方もおられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.