くらし情報『中河内雅貴「不安要素は自分だけ」、舞台『モダン・ミリー』挑戦の本音を語る』

2020年3月30日 11:00

中河内雅貴「不安要素は自分だけ」、舞台『モダン・ミリー』挑戦の本音を語る

中河内雅貴「不安要素は自分だけ」、舞台『モダン・ミリー』挑戦の本音を語る
「まじめで誠実な役が久しぶりすぎて自分に近いのに戸惑っています(笑)」中河内雅貴撮影/山田智絵
カッコいいダンスを踊らせれば右に出る者なし。歌も演技も、幅広いジャンルで魅せてくれるオールラウンド・プレーヤーの中河内雅貴さん。強い眼力のためか、これまで濃いキャラクターを演じることが多かったが、ブロードウェイ・ミュージカル『モダン・ミリー』では久々のさわやか系青年、ジミー役に挑戦する。

■クラシカルな作風にワクワクしっぱなし

「久しぶりなんですよ、ハッピーなミュージカルも、まじめな好青年を演じるというのも。でも、実はプライベートの自分にかなり近い役なんです!周りからも“普段のまんまでイケそうじゃない?”って言ってもらっているんですけど、これが意外とやりづらくて。“普段の自分って一体どんなんだ?”(笑)。自分と向き合うところから稽古を始めました」

1920年代、モダンガールになるという夢を抱いてニューヨークに出てきたミリーと偶然出会うのが、人のよさそうな青年ジミーだ。

「快活な性格とか、一見、女たらしに見えて、実際はいたってまじめで誠実というところが似ているなと自分でも思うんです。いや、本当に(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.