くらし情報『「警察博物館」でピーポくんに見つめられながら、“なりきり警官”になってみた』

2020年3月28日 08:00

「警察博物館」でピーポくんに見つめられながら、“なりきり警官”になってみた

「警察博物館」でピーポくんに見つめられながら、“なりきり警官”になってみた
1Fホールでヘリコプター「はるかぜ」や白バイに試乗。“赤バイ”も展示。
『週刊女性』の“おひざ元”主婦と生活社とご近所の『警察博物館』。警察官の仕事を擬似体験できるコンテンツが盛りだくさんの同館で、記者も、刑事になりきって捜査をしてきた。事件は“現場”で起きているんだ!

出社前に横目に通り過ぎていた『警察博物館』。いつの間にやら近代的な外観になっていたっけ。入ったことないし、「春の全国交通安全運動」も始まるし、《現場》としてアリでは?とはいえ、さすがに“ご近所さん”すぎ?小声でデスクに提案すると……、

「僕も行ったことないんだよ。いいんじゃない!?」

いいんかい!ならば、さっそく『主婦と生活社』を出て徒歩1分、同じく入館未経験で、「こんなに近い現場は初めてですよ!」と、早くもカメラを構えたカメラマンと一緒にほぼ手ぶらで警察博物館にやってきた。

■子どもから大人まで楽しめる「警察官」体験

入館口には、白と黒のツートンカラーがまぶしい警察車両、いわゆるパトカーが出迎える。交通ルールを守って安全走行しているのに、街中でパトカーを見かけると緊張が走るの何でだろう~?

こちら1階「ピーポくんホール」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.