くらし情報『《認知症予防》日常生活の“ボケる行動”チェック「スリッパをはく」は○か×か?』

2020年3月30日 16:00

《認知症予防》日常生活の“ボケる行動”チェック「スリッパをはく」は○か×か?

《認知症予防》日常生活の“ボケる行動”チェック「スリッパをはく」は○か×か?
※画像はイメージ
根本的な治療薬がいまだ開発されていない認知症に、予防・改善する最新の治療法があるという。

アメリカのブレデセン博士が開発した治療プログラム『リコード法』だ。

「認知症の中でも最も多いのがアルツハイマー型。脳内にアミロイドβというタンパク質(老廃物)がたまり、神経細胞が死滅することで発症すると考えられ、薬剤の開発が行われていましたが、うまくいっていません。

そこでリコード法では“そもそもなぜアミロイドβが溜まるのか?”という原因に着目。それをできるだけ取り除いていくという、より根本的な解決を目指す治療法です」

と解説するのは、リコード法認定医の今野裕之さん。

「アミロイドβは、脳にダメージを与える炎症や毒素などへの防御反応で作られてしまいます。脅威となる要因をひとつずつ改善することで、アミロイドβの蓄積を防ぐのです」

■生活習慣を変えるだけで認知症の予防・改善に!

脳にダメージを与えるリスク要因はいくつかあるが、

「まずは体内の炎症です。炎症を引き起こす可能性のある食品は、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸や、小麦粉に含まれるグルテンなどです。歯周病は、脳に近い場所で炎症を起こすので脅威」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.