くらし情報『浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に“政治的発言”芸能人の「危機と回避」』

2020年3月26日 11:00

浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に“政治的発言”芸能人の「危機と回避」

浅野忠信や佐藤浩市、ネット民の餌食に“政治的発言”芸能人の「危機と回避」
(左から)佐藤浩市、浅野忠信、ローラ
俳優・浅野忠信(46)のツイートが反響を巻き起こした。3月18日、自身のツイッターで、

《1万2千円てバカにしてんのか?》

と、発言。新型コロナウイルス問題にともなう経済対策として、政府が1人あたり1万2千円以上の現金給付を検討中だとする新聞報道に反応したものだ。

■芸能人の政治的発言はNG?

これには5万件を超える「いいね!」がつき《よく言ってくれた》などの賛同コメントが多数寄せられた。その一方で《金持ちに言われると、イラつきます》《芸能人が無自覚にプロパガンダを垂れ流すのはよろしくない》といった批判コメントも。

ちなみに、浅野は昨年7月にも《税金をこれ以上取らないでください》と、ツイートして話題になった。小泉純一郎元首相ばりのワンフレーズ・ポリティクスがお得意のようだ。

かと思えば、昨年5月公開の映画『空母いぶき』で首相を演じた佐藤浩市(59)は、雑誌でこんな発言をした。

《体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね》
《ストレスに弱くて、すぐにお腹をくだしてしまうっていう設定にしてもらったんです》

これが潰瘍性大腸炎という持病のある安倍晋三首相を皮肉っているのでは、と物議をかもすことに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.