くらし情報『米倉涼子“失敗しない独立”なるか、芸能界の悪しきルールを打破するフリーの強さ』

2020年3月27日 21:00

米倉涼子“失敗しない独立”なるか、芸能界の悪しきルールを打破するフリーの強さ

米倉涼子“失敗しない独立”なるか、芸能界の悪しきルールを打破するフリーの強さ
(左から)米倉涼子、岡田結実、ブルゾンちえみ、のん
女優の米倉涼子(44)が今月いっぱいで、30年近く所属してきたオスカープロモーションを退所するという。

■芸能界に存在する古臭いルール

それを報じるスポーツ紙には“円満退社”の文字が躍った。タレントのブルゾンちえみ(29)がワタナベエンターテイメントを退社する際も“円満”の文字が強調されていた。

「一般社会の感覚では、単に“退社”や“退所”でいいわけです。あえて“円満”を付けることに、何かあるんじゃないかと勘繰られます。米倉の場合は、アルゼンチン人の恋人との結婚を事務所社長に反対されたという記事が、すぐさまスポーツ紙に報じられました。ブロゾンだって、本当にフツーの退社であっても、何かあったんじゃないか、と思われてしまいますよね」(情報番組デスク)

オスカーだけでもここ数か月で、忽那汐里(27)、草刈民代(54)、ヨンア(34)、そして米倉と同じ年度末に岡田結実(19)が事務所を離れる。

芸能界全体に目を転じて見れば、中居正広(47)、栗山千明(35)、安田美沙子(37)、TKOの木下隆行(48)らがこのところ、少しさかのぼれば(独立年順不同で)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.