くらし情報『《新型コロナ》崖っぷちの家計に“巣ごもり”のススメ、節約賢者の知恵袋』

2020年3月31日 05:00

《新型コロナ》崖っぷちの家計に“巣ごもり”のススメ、節約賢者の知恵袋

《新型コロナ》崖っぷちの家計に“巣ごもり”のススメ、節約賢者の知恵袋
マスク姿で出勤。業績悪化はボーナスに響きそうで心配
「大手企業は春闘をベアゼロで次々に妥結。まず給料が上がることはない。ボーナスも業績連動なので、かなり厳しくなる企業が続出するでしょう。業種によって濃淡はありますけれども、どこも無傷ではいられないと思いますよ」

と、経済アナリストで獨協大学教授の森永卓郎さんは言う。

■自宅の半径約1キロを生活圏に

新型コロナウイルスの感染拡大で「都市封鎖」が現実味を帯びる中、雇用が安定している正社員にも不気味な影が忍び寄る。

個人事業主はすでに、外出自粛や大規模イベント自粛などの影響で経営難に直面。中小・零細企業も業績悪化に危機感をあらわにし、長期化によって体力のある大企業も他人事ではなくなってきた。

消費経済ジャーナリストの松崎のり子さんは、

「五輪の延期でさらに業績が悪化しそうな企業も。特にスポンサー企業は広告やキャンペーンを打ってきましたから」

と表情を曇らせる。

一方で、感染を防ぐためにリモートワークを導入する企業は増え、対象者は公私ともども「在宅時間」が増加中。いままでのように残業手当がつかず、夏のボーナスも見込み薄となれば、出費を削って自己防衛するしかない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.