くらし情報『84歳のAV女優、夫に先立たれ、20年以上の“無経験”から八十路で初撮りするまで』

2020年4月2日 21:00

84歳のAV女優、夫に先立たれ、20年以上の“無経験”から八十路で初撮りするまで

84歳のAV女優、夫に先立たれ、20年以上の“無経験”から八十路で初撮りするまで
小笠原祐子さん撮影/齋藤周造、矢島泰輔
「女性の性欲は灰になるまで」と言われるが、80歳を過ぎてからAV女優として作品に出演し、世間の度肝を抜いたのが小笠原祐子さんだ。

■息子は“好きにしたらいい”と

現在84歳で、当面引退の予定はなし。そもそも、なぜAVに出演することになったのか?

「お店のお客様に2年くらい勧誘されていたけれど、“何を言っているの?”と最初は断っていました。でもある日、撮影現場の見学に行くことになって、からみのシーンを見たら、“私は若くてアソコがデカい男がいい”って言ってしまって(笑)。すると制作の人が“じゃあ、そういう男優を用意しますから”という話になり、出演することになりました」

59歳で亡くなった夫とは、毎日夜の営みをしていた(!)が、その後はAVの撮影まで20年以上、誰ともセックスしていなかったという小笠原さん。

「若い男性と付き合っていましたが、そういう関係はなし。たまにひとりHはしていましたよ。

でも、撮影のときはちゃんと濡れて、ローションは必要なかったんです。撮影しているうちに、若い人たちと一緒に作品を作り上げる楽しさにも目覚め、車の運転ができるうちはAV女優を続けていきたいと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.