くらし情報『Snow Man岩本照を「未成年との飲酒」に駆り立てたジャニーズの“飼い殺し運営”』

2020年3月31日 16:00

Snow Man岩本照を「未成年との飲酒」に駆り立てたジャニーズの“飼い殺し運営”

(ワイドショースタッフ)

■偽名を使って夜遊びするJr.も

’06年、13歳にしてジャニーズに入所した岩本は、前身ユニットを経て’12年にSnow Manの一員となった。そして今年、26歳でようやくデビューすることができたのだ。

「ジャニーズに入る少年たちといえば目立ちたがり屋ばかりで、テレビに出て有名になりたい、歌って踊りたい、ドラマや映画に出たい、女性にモテたい、ちやほやされたいといった動機がほとんど。そんなキラキラした世界を目指して、彼らはCDデビューのために必死にレッスンを積むのです」(芸能プロ関係者)

とはいえ、Jr.全員がデビューできるわけではない。たとえユニットに参加できたとしても、何年も“寝かされた”ままのグループもある。

「すべてはジャニー喜多川さんの匙加減でした。ジャニーさんが入所時から目をかけてきた“エリート”がデビューを勝ち取っていく中、Sno Manの面々にはいつまでたっても声がかかることはありませんでした。彼らはデビューすることなく、“舞台班”として劇場に立ち続けていくのだと思われました」(前出・芸能プロ関係者)

単独コンサートやテレビの冠番組で華やかに立ち回る、誰もが知るジャニーズアイドルの一方で、主に舞台やミュージカルを中心に活動する“舞台班”と呼ばれるジャニーズがいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.