くらし情報『《志村けんさん追悼》愛弟子・ダチョウ倶楽部の『バカ殿』デビュー秘話と“大失敗”』

2020年4月1日 16:00

《志村けんさん追悼》愛弟子・ダチョウ倶楽部の『バカ殿』デビュー秘話と“大失敗”

《志村けんさん追悼》愛弟子・ダチョウ倶楽部の『バカ殿』デビュー秘話と“大失敗”
2013年5月30日、志村けん一座第8回公演『志村魂』のインタビューで撮影/廣瀬靖士
お笑い界のスター・志村けんさんが3月29日の午後11時過ぎ、新型コロナウイルスによる肺炎のため、他界した。お茶の間に活気を与え続けた志村さんの訃報を受け、日本全国からはもちろん、世界じゅうから悼む声が届いている。

志村けんさんといえば、『8時だョ!全員集合』や『ドリフ大爆笑』、『志村けんのバカ殿様』『天才!志村どうぶつ園』など代表作となるテレビ番組がいくつもあるが、舞台活動も精力的に行っていた。特に、2006年から’19年まで毎年、主催及び主演を務めた舞台『志村魂』では、おなじみ“バカ殿コント”から津軽三味線の演奏、芝居『先ず健康』など、盛りだくさんの内容で会場を沸き立たせた。

志村さんと師弟関係にあり、『志村魂』の中心メンバーとして15年以上、ともに作品づくりをしてきたのが、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵、肥後克広、寺門ジモンの3人だ。週刊女性では、第8回公演が行われた’13年、すでに確固たる信頼関係を築きあげていた4人を迎えての座談会を決行。気の置けない仲だからこその“ぶっちゃけトーク”がいくつも飛び出した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.