くらし情報『個性派俳優・白木みのるがひっそり引退していた、表舞台から姿を消して6年』

2020年4月2日 05:00

個性派俳優・白木みのるがひっそり引退していた、表舞台から姿を消して6年

個性派俳優・白木みのるがひっそり引退していた、表舞台から姿を消して6年
’07年に大阪のパレードで再び共演した藤田さん(左)と白木みのる
小柄な体格と甲高い美声。テレビが普及し始めた1960年代初頭に個性派俳優として活躍し、資産家としての顔も持っていた白木が、最近は近所でも姿を目撃されておらず──。

「俳優で歌手の白木みのるさん(85)が、数年前から体調不良で芸能活動をまったくしていないといいます」(芸能プロ関係者)

往年の名脇役の切ない現状がささやかれる。

■白木みのるは今どこに……

「白木さんは身長約140センチの小柄な身体と男性とは思えない美声の持ち主。その独特なキャラクターで映画や舞台で活躍していました。現在もNHKのバラエティー番組『有吉のお金発見 突撃!カネオくん』の主題歌は、白木さんが歌う『銭$ソング』が使われていますね」(スポーツ紙記者)

彼の代表作といえば、最高視聴率64・8%を記録したコメディードラマ『てなもんや三度笠』(TBS系)での藤田まことさんの相棒役だろう。

「『てなもんや三度笠』は’62年に放送開始。『必殺シリーズ』の主演だった藤田さんの出世作です。番組スポンサーの前田製菓をもじった“あたり前田のクラッカー”や、出演者だった財津一郎さんの“非っ常にキビシ〜ッ!”といったギャグもこの番組から生まれました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.