くらし情報『嵐「やる気のなかった」時代からの転機、24時間テレビの舞台裏と相葉雅紀の涙』

2020年4月2日 16:00

嵐「やる気のなかった」時代からの転機、24時間テレビの舞台裏と相葉雅紀の涙

嵐「やる気のなかった」時代からの転機、24時間テレビの舞台裏と相葉雅紀の涙
嵐(左から)大野智、松本潤、二宮和也、相葉雅紀、櫻井翔
今年いっぱいでグループでの活動を休止する嵐。今では国民的アイドルとして輝かしい功績を残しているが、ブレイクするまでには多くの苦難を経験してきた。活動休止まで残り9か月となったいま、メンバーが見た光と闇を振り返る──。

■嵐、不遇の要因のひとつは……

’99年にデビューしてレギュラー番組を持ち、少しずつ知名度をあげていった嵐だが、’02年から数年間は“冬の時代”に直面した。

「’02年の12月末にテレビ朝日系の『ミュージックステーションスーパーライブ』に出演した際、嵐の出番はオープニングで、時間は2分もなかったんです。歌番組の視聴率は後半になるにつれて上がっていくので、トップバッターはあまりいいポジションとは言えないんですよ」(レコード会社関係者)

この時期は、CDの売り上げも伸び悩んでいた。

「’03年の『とまどいながら』や『ハダシの未来』はオリコンランキングで1位をとれず、’04年の『PIKA★★NCHI DOUBLE』は14万枚と嵐で最も売れなかったシングルに。状況を打開するため、’03年には、さいたまスーパーアリーナで販売促進のために握手会を開催しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.