くらし情報『塩野瑛久“キケンなイケメン”が教えてくれた「お姫様抱っこされる側」のコツ』

2020年4月4日 08:00

塩野瑛久“キケンなイケメン”が教えてくれた「お姫様抱っこされる側」のコツ

塩野瑛久“キケンなイケメン”が教えてくれた「お姫様抱っこされる側」のコツ
塩野瑛久撮影/高梨俊浩
“カメレオン俳優”“キケンなイケメン”と話題になっている塩野瑛久(25)。先日は、初めて表紙を飾った雑誌が完売と、大ブレイクを予感させる若手俳優のひとりと注目を集めている。

■“S”系イケメンの素顔

画面やスクリーン越しでもそうだが、目の前にいる塩野のふとした表情から色気を感じる。そう本人に伝えると、

「ふふふふふ。たぶん、ヘアメイクさんとスタイリストさんのおかげです」

と、照れる。公開中の映画『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』では、伝説の王子・奏(片寄涼太)の幼いころからの理解者でありながら、奏と“伝説”の称号をめぐってバトルを繰り広げるホスト=貴族のドリー(白濱亜嵐)側に寝返る誠一郎を演じている。

「ぶっ飛んだ設定の映画の中で、物語を担う役割をさせていただいています。ドラマから見てくださっている方はわかるかもしれませんが、あるきっかけがあって誠一郎は奏から離れていきます。フラフラになって歩いているところをドリーに助けられる。

ドリーにお姫様抱っこされるシーンの前にカットされてしまった場面があるんです。誠一郎がドリーの車が来るのを待ち構えている、あのシーンは入れてほしかったですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.