くらし情報『婚活男女がドン引きした、相手の「お金の使い方」に見える “セコすぎる人間性”』

2020年4月4日 20:00

婚活男女がドン引きした、相手の「お金の使い方」に見える “セコすぎる人間性”

お金に対する考え方と使い方は、人によって違います。お見合いで出会い、お付き合いを始めたカップルも、お金に対する考え方や使い方があまりにも違っていたために、関係がうまくいかなくなることがとても多いのです。

ライターをしながら、仲人としても婚活現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えてゆく連載。今回は、「お金の使い方に見えてくる人間性」についてです。

婚活男女がドン引きした、相手の「お金の使い方」に見える “セコすぎる人間性”
お金の使い方は「人間性」も見えてきます(写真はイメージです)■招待された結婚パーティも値踏みする

佳恵さん(36歳、仮名)は、お見合い後に雅信さん(40歳、仮名)と、交際に入りました。正信さんは誰もが知る上場企業にお勤めで、年収も700万円。結婚するにはいい条件の男性でした。

ところが、初めてのデートを終えて、佳恵さんが“交際終了”を出してきました。あまりにも早いお断りに、何があったのかを聞いてみました。

「お見合いのときはスーツで、まだパリッと見えたのですが、デートに現れた姿は、ヨレヨレのネルシャツにジーンズでした。それにメガネが指紋だらけで白く曇っていて(笑)。すごくだらしない印象でした」

“この格好でいったいどこで食事をするつもりなんだろう”と思っていたら、連れて行かれたのは、駅前にあるチェーン店の居酒屋。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.