くらし情報『自粛要請で“夜の店”から悲鳴が続々、ゲイバーママ「もう破産よ!!」の嘆き』

2020年4月7日 05:00

自粛要請で“夜の店”から悲鳴が続々、ゲイバーママ「もう破産よ!!」の嘆き

自粛要請で“夜の店”から悲鳴が続々、ゲイバーママ「もう破産よ!!」の嘆き
小池知事の会見後4月2日の歌舞伎町。通りを歩く人の姿はまったくなかった
「感染経路が不明な症例のうち夜間から早朝にかけて営業しているバー、ナイトクラブ、酒場など、接客を伴います飲食業の場で感染したと疑われる事例が多発しています」

3月30日、小池百合子都知事は新型コロナウイルスについての会見を開いた。どうやら彼女が指摘する夜の飲食店は、“3つの密”が重なる場所のようだ。

■このままじゃ破産よ!!

「換気の悪い密閉空間、多くの人が密集する場所、近距離での密接した会話。これらの条件が重なると集団感染が発生するリスクが高いということで、小池知事はそういった店に行くことへの自粛を要請しました」(一般紙記者)

この会見によって、都内の繁華街では臨時休業する飲食店が続出することに。

「接客するとなると、お客さまの隣に座って会話もしますし、手を握られるといった接触だってします。今回の都知事の発言で、うちは4月中旬までお店を閉める予定です」(銀座のクラブママ)

都知事による要請は、あくまで“営業の自粛”であり、休業命令ではない。そのため“3つの密”への対策を取りながら、営業を続ける店も少なくない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.