くらし情報『《独占告白》才賀紀左衛門「娘から“ママに会いたい”と言われたことはない」』

2020年4月9日 21:00

《独占告白》才賀紀左衛門「娘から“ママに会いたい”と言われたことはない」

《独占告白》才賀紀左衛門「娘から“ママに会いたい”と言われたことはない」
才賀紀左衛門「自分が全力だと娘も全力」と言い公園でなんと5時間半遊んだことも
’14年9月にタレントのあびる優と結婚した格闘家の才賀紀左衛門(31)。翌年の5月には長女が生まれたが、’19年12月に離婚していたことがウェブメディアで報じられた。親権と監護権を得たのは母親のあびるではなく、なんと父親の才賀だった。

■子育てに邁進する才賀の近況は……

「あびるさんはママになっても、週に何日も飲み歩いていたようで、深夜に酔って帰宅し才賀さんと娘さんを叩き起こしたり、娘さんを連れて夜遅くに飲みに出かけたりしたことも。才賀さんは、生活習慣の改善を何度も呼びかけたそうですが、直ることはなかった。

娘さんの将来のためにも、お酒にだらしないあびるさんには、親権も監護権も絶対に渡すわけにはいかないと考えていたのでしょう」(スポーツ紙記者)

離婚から4か月がたった今、才賀はどんな生活を送っているのか。愛娘との“父子生活”の現状を聞いた。

「親権を父親が持つというのは日本では珍しいことだから、最初は不安やプレッシャーがありました。でも、今はとても楽しい。子育ても仕事もトレーニングも、全力で取り組めています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.