くらし情報『『エール』で人気の主人公子役コンビに聞く 裕一の“好物”も好きになろうと特訓!』

2020年4月9日 07:00

『エール』で人気の主人公子役コンビに聞く 裕一の“好物”も好きになろうと特訓!

『エール』で人気の主人公子役コンビに聞く 裕一の“好物”も好きになろうと特訓!
(写真左から)石田星空、清水香帆撮影/伊藤和幸
テレビから鳴り響くハーモニカなどの楽器や歌声に朝から気分もアップ。そして、かわいい子役たちの演技に、思わずほっこりとさせられている人も多いのでは?

■窪田正孝、6年ぶりの男性主役に期待大!

『栄冠は君に輝く』『六甲おろし』など、誰もが知る数々の名曲を手がけた作曲家・古関裕而さんと、妻で歌手としても活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語を描くNHKの連続テレビ小説『エール』。

物語は福島の老舗呉服屋。長男として生まれた古山裕一(石田星空)は、少しぼんやりしていて、いじめられがちだった。しかし、担任の藤堂のすすめで作曲を始めると、その才能を発揮。やがて成長した裕一(窪田正孝)は、歌手を目指す音(二階堂ふみ)と出会い、結婚。不遇の時代を乗り越えて、二人三脚でヒット曲を生み出していく。

第3週からは、ついに青年になった裕一が登場。『マッサン』以来、約6年ぶりの男性主役を務める窪田が、どんな“エール”を届けてくれるのか見逃せない!

週刊女性では、主人公・裕一とヒロイン・音の幼少期を演じる話題の子役、石田星空くん(10)と清水香帆ちゃん(11)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.