くらし情報『「コロナで客少ないから来たよ」夜の繁華街を取材してみえた“ありえない実情”』

2020年4月7日 04:30

「コロナで客少ないから来たよ」夜の繁華街を取材してみえた“ありえない実情”

渋谷でバーを経営する男性は、

「当面、営業を自粛するので、公庫や区が行っているコロナ対策の融資を受け、賃料や給料の支払いに回します。また不動産会社やカラオケなどのリース会社に、料金をいくらか免除してもらえないか駆けあっています。それでも回らない場合は店舗の売却も視野にいれています……」

小池都知事による要請は、あくまで“営業の自粛”であり、休業命令ではない。そのため3つの密への対策を取りながら、営業を続ける店も少なくない。

「現段階ではカラオケなどの騒音がない場合は、入口を開けた状態にして常に換気のいい状態を心がけています。お客様同士の対策は取れていませんが、従業員側の対策として注文以外の接触はほぼ行わないように心がけています。報道による危機感から、4月1日から入店時にアルコール消毒もお願いするようにしています。

現状では店を閉めること自体が生活に支障をきたすため、通常通り営業せざるをえないので個人でできる対策を従事しながら続けていく方針です」(六本木のバー店主)
「一応開けていますが、今後どうしていくかは検討中ですね。売り上げは、普段に比べて7割から8割は減っています。対策としては、換気扇はもちろんベランダの扉は常に開けて換気をよくしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.