くらし情報『「コロナで客少ないから来たよ」夜の繁華街を取材してみえた“ありえない実情”』

2020年4月7日 04:30

「コロナで客少ないから来たよ」夜の繁華街を取材してみえた“ありえない実情”

入口の扉も30分に1回は必ず開けて空気の入れ替えをしています。またカウンターのみの営業にして、さらに席数を減らしてお客様の間隔をしっかり取るようにしています。

従業員の給料については、満額は出せませんが一部補償はします。国のトップがダメなら、店のトップがしっかりしないと潰れてしまいますから。各従業員は今まで本当に頑張ってくれていたので、絶対にクビにしたくない!」(新宿二丁目のゲイバー店主)

世帯ごとに2枚のマスクを配布する政策が批判を浴びている。営業自粛を呼びかけられても店を開けることへの賛否はあるだろうが、このつらい状況のなか、行政よりも夜の街の住人のほうが、より考えしかも迅速に対応しているような気もする。

銀座や六本木に並ぶ繁華街の歌舞伎町。この街の“3つの密”といえば、キャバクラだ。4月中旬まで休業という店もあるが、営業を継続する店も多い。

「うちのお店はすべてのお客さまにアルコール消毒、また従業員全員の体温測定もしています。営業しないという対策がいちばんなのかもしれませんが、それだと潰れてしまうので……。ただ昨日はお客さまは2組だけでした」(歌舞伎町のキャバクラ店長)

■キャバ嬢だけでなく、仲のいいボーイも引き連れて

閑古鳥の店舗がある一方で、歌舞伎町ほどの繁華街になれば人通り自体はまだまだあり、「ここやってるじゃん!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.