くらし情報『「コロナで客少ないから来たよ」夜の繁華街を取材してみえた“ありえない実情”』

2020年4月7日 04:30

「コロナで客少ないから来たよ」夜の繁華街を取材してみえた“ありえない実情”

と新規の客が集まる店もある。

「やっぱりコロナなんて関係ないと思って飲んでる人も多いですよ。アルコール消毒もしてくれなかったり。“コロナで客少ないだろうから来たよ!(笑)”とか言う人もいるし。出勤している私が言える立場じゃないけど、笑えないよって。うちの店は窓もないし、入口を多少開けたところで換気できる環境じゃない。そんななかで隣に座って接客して、手を握られたり、酔っ払った状態で歌って、唾も飛んできてる。お店は営業を続けていますが、私は今は出勤してないです。やっぱり怖いので……」(歌舞伎町のキャバクラ勤務の女性)

国外では休業した飲食店への保証策が出されているが、日本は現状、明確な保証はない。このような状況を受けて“商売替え”を始める女性たちもいる。「友達はお店がガラガラで、小池都知事の会見でもっと少なくなるだろうから、コロナがなくなるまで風俗で働くって言っていました。風俗はキャバクラと違って、うがいや消毒を強制的にお願いできるから、むしろ安全なんじゃないかって。とはいえ、消毒したとしても濃厚接触すぎると私は思いますが……」(同・キャバクラ勤務の女性)

そしてキャバクラ嬢としての誇りなのか、キャバクラ的な営業を個人で続ける人も……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.