くらし情報『新型コロナで紙メディアにも大打撃! スポーツ紙・週刊誌が“廃刊のピンチ”に』

2020年4月9日 06:30

新型コロナで紙メディアにも大打撃! スポーツ紙・週刊誌が“廃刊のピンチ”に

新型コロナで紙メディアにも大打撃! スポーツ紙・週刊誌が“廃刊のピンチ”に
スポーツ紙・週刊誌のコロナウイルスのあおりを受けて──
各方面に計り知れない影響を及ぼしている新型コロナウイルスは芸能界にも確実に暗い影を落としている。タレントのみならず、テレビ局員にも感染者が出始めて、NHKは大河ドラマや朝ドラの撮影を一時中止した。TBSやテレビ東京など、局によっては番組の制作を中止しているところも。すでに経済的に困窮している人たちが出てきているのはいうまでもない。

「テレビ番組の制作会社のなかには個人でやっていたり、社長とディレクター1人ずつというところもあったり、ひとつの番組しか請け負っていない会社もあるので収録がなくなるというのはとにかく痛手。小さいところは破綻してしまいます。

加えて、芸能事務所も大変です。テレビ局やラジオ局などに出向く営業ができなくなり、電話営業になってしまっているところも多い。特に大手ではない個人事務所や“特定のタレントだけが稼いでいる”ような中小規模の事務所も、冗談ではなく、倒産するところが出てくるでしょうね」(テレビ局プロデューサー)

■「出荷部数を絞ってくれ」

だが、芸能界がダウンすることで、その余波を被るところがほかにもある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.