くらし情報『THE RAMPAGE、「ひとりでも大丈夫」発言に“まさか”のツッコミを受けたのは?』

2020年4月21日 11:00

THE RAMPAGE、「ひとりでも大丈夫」発言に“まさか”のツッコミを受けたのは?

THE RAMPAGE、「ひとりでも大丈夫」発言に“まさか”のツッコミを受けたのは?
THERAMPAGEfromEXILETRIBE撮影/廣瀬靖士
吉野「今までのRAMPAGEの楽曲は、勢いがあったり、力強いものが多かったと思います。(デビューして4年目)ようやく、セクシーなバラード曲を出しても違和感なく、等身大で歌えるようになった。この曲で新たな僕らの姿を見てもらえるんじゃないかと思っています」

11作目にして初めてバラード曲を表題に据えたシングル『INVISIBLELOVE』をリリースするTHERAMPAGEfromEXILETRIBE。

川村「1曲の中にしっかりとストーリーがあって、最後は相手への愛情が深すぎて狂気的な印象にもなるんです。前半、中盤、後半で気持ちの込め方を変えました」

RIKU「歌うパートによって声質を変えてみたり、個人としてもかなり挑戦をしました。手が届きそうにない相手への思いを、ちょっと未熟な感じで表現したり」

そうレコーディングについて語るボーカルのRIKU、川村、吉野。振り付けは、グループのリーダーであり、パフォーマーのLIKIYAが担当。

LIKIYA「もともとR&Bだったり、バラード曲が好きなので、今回の振りを考える難しさはなかったですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.