くらし情報『全国に広がるシングルマザー向けシェアハウス、孤立化・虐待を防ぐ“つながりの場”に』

2020年4月16日 20:30

全国に広がるシングルマザー向けシェアハウス、孤立化・虐待を防ぐ“つながりの場”に

全国に広がるシングルマザー向けシェアハウス、孤立化・虐待を防ぐ“つながりの場”に
『ideau』の前に並ぶ越野さん(左)と安田さん。建物はモダンな雰囲気に改修
離婚したシングルマザー、もしくは離婚を決意したプレシングルマザーの前に立ちはだかる住宅問題。

「離婚前後の人が家を探しても、なかなかうまくいかない。前年度の収入や勤続年数などの条件が満たせないと、賃貸物件の貸し渋りにあうケースは少なくありません」

そう指摘するのは20年前からシングルマザーの住居問題について研究している追手門学院大学の葛西(くずにし)リサ准教授。その理由について、

「収入がないことがいちばん。蓄えも十分でなく、入居の際の一時金が払えない方もいます。経済的な貧困が賃貸物件を借りることの難しさにつながっているといえます」

そんな離婚前後のシングルマザーの味方になり、全国に少しずつ広まっている物件に、シングルマザー向けシェアハウス(以下、母子SH)がある。全国で30軒ほど運営されているという。

自宅を離れた母子が、再スタートを切り、新しい家族の『カタチ』を模索する。

■就労・住居・保育はセットでないと生活が成り立たない

2012年、日本初の母子SHを始めた『全国ひとり親住居支援機構』の代表理事で建築士の秋山怜史さんは、

「ファーストステップとして住所を持たせないといけない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.