くらし情報『新型コロナも重症化のリスク!高血糖が白血球の働き弱める“隠れ糖尿病”が怖い』

2020年4月15日 07:00

新型コロナも重症化のリスク!高血糖が白血球の働き弱める“隠れ糖尿病”が怖い

新型コロナも重症化のリスク!高血糖が白血球の働き弱める“隠れ糖尿病”が怖い
マスクをしていてもウイルスに感染する危険性があるという論文も発表された
高血圧や喘息(ぜんそく)などの持病がある人は、新型コロナに感染すると重症化するリスクが高いといわれている。自覚していれば防衛策をとれるが、危険なのは“病気に気づいていない人”。糖尿病治療の第一人者、総合東京病院副院長、柴輝男先生は、こう話す。

「糖尿病(2型)は、自覚症状がない病気です。健康診断を受診する、もしくは糖尿病の検査を行わない限り判明しません。気づかずに普段の生活を続けてしまっている人は危険です!」

■血糖値が高いと免疫が働きにくくなる

食事からとった糖質は、消化器官でブドウ糖に分解されインスリンという物質によって細胞内にとりこまれる。そのインスリンの分泌量が少なくなるのが糖尿病。血液中のブドウ糖の量を血糖値といい、診断の指標になっている。

「この血糖値が高いと、感染症が重症化しやすいことがわかっています」(柴先生以下同)

なぜ、重症化しやすいのかというと、

「血糖値が高いということは、全身の体液中のブドウ糖が濃いということ。ブドウ糖は細菌のエサになります。エサが多くあれば、細菌の活動が活発になり、感染症が重症化してしまうのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.