くらし情報『女性の死亡率第1位の大腸がん、アメリカは内視鏡検査で死亡が激減していた!』

2020年4月18日 07:00

女性の死亡率第1位の大腸がん、アメリカは内視鏡検査で死亡が激減していた!

女性の死亡率第1位の大腸がん、アメリカは内視鏡検査で死亡が激減していた!
※写真はイメージです
「大腸がんで死なないためには、なんといっても検診を受けることです。内視鏡検査で早期発見をすれば、死亡率はぐっと下がります」と、消化器内科医で京都府立医科大学准教授の内藤裕二先生。

次に重要なのは、腸内環境を乱す習慣を見直して、効果的な腸活を行うこと。

「近年、研究がすすみ、食物繊維の摂取量が多いと大腸がんだけでなく、全病気の死亡率も下がることがわかってきました」(内藤先生)

効果的な腸活は、やっぱりヨーグルト?食物繊維研究の第一人者、大妻女子大学教授の青江誠一郎先生は、

「ヨーグルトも役立ちますが、それだけをとっていればいいということではありません。ヨーグルトでいくらいい菌を入れても、お腹の中には定着しません。本来お腹の中にいる善玉菌を増やして、活動してもらうことがいちばんです」

善玉菌を増やすために食物繊維を効果的に摂取する方法を教えてもらいましょう!

■胃がんを抜いて死亡原因1位に

女性の大腸がんの死亡数は、年々増え続けていて、国立がん研究センターの2019年がん統計予測では2万5000人を超えるという数字が発表されている。2005年までは胃がんが1位だったが、’06年に大腸がんが抜いて1位となり、その後は上昇を続けている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.