くらし情報『《ストップ歯周病》歯磨きに王道なし!けれど理想は食後20分以内』

2020年4月18日 11:00

《ストップ歯周病》歯磨きに王道なし!けれど理想は食後20分以内

■歯周病がすでに進行してる場合の専門治療『フラップ手術』

プラークや歯石の除去を中心とした基本治療をすれば歯と歯肉はくっつき、歯周ポケットを浅くすることができます。ただし、プラークや歯石が歯周ポケットの奥に入り込んでいる場合は基本治療での改善は難しくなります。

その際に効果的なのが「フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)」。局所麻酔をしてから歯肉を切開し、歯根を露出させた状態で歯石などを除去して縫合する手術で、保険が適用されます。手術の手順は以下。

1.局所麻酔後、歯肉を切開する

2.切開した歯肉を歯槽骨からはがす

3.歯根についた歯石などを除去する

4.歯根面をなめらかに仕上げ、歯肉を戻して縫合する

(取材・文/熊谷あづさ)

【PROFILE】
宮田隆先生◎宮田歯科医院院長。歯学博士。1977年、日本大学歯学部卒。明海大学歯学部教授、明海大学病院病院長を経てNPO法人歯科医学教育国際支援機構設立。2016年には「日本歯周病学会・学会賞」を受賞。『歯周病の本当に怖ろしいわけ』など著書多数。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.